治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

重心

 土曜日は、いつものように合気観照塾へ稽古に行ってきました。また感じたことを治療と結びつけて気ままに書いてみたいと思います。

 <感じたこと>
・重心
 自分の身体を患者さんに対して、どの位置で重心を何処において操作するか 

・緩めるということ-重心-重み
 緊張と弛緩により操作時の患者さんの重心がどう変化するか。そして、重みを感じ「つけて」「ずらす」

・後頭骨と仙骨
 頭蓋-仙骨療法。ここが一致し股関節・薄筋が締まり他が緩むと操作が出来る

・呼吸と緊張-弛緩
 大切な部分

・緩みをとるということ
 緩みがとれれば、いくところにいく線が出てくる

・引きと攻めと、どこにつなげるか
 最近、治療の際注目しているところ

・手の内
 やはり、患者さんに直接触れる部分の接点は常に工夫していこうと思った

・細くする(嘔吐の流れ)
 身体を中心に締めて繋がって動くと綺麗

  #管理人です
 これらの感じたことを感じただけで終わらないための工夫をしていきたいと思います(笑)いやぁ~、しかし基本の動作、日常の何気ない動作の中に工夫する楽しさや発見があるように感じます。

   「今日の嬉しかったこと」
 ・昨日、気持ちのこもった頂きものをした
 ・今日、引越しを手伝ったら麦から出来た液体の褒美をもらった
 ・寝不足に耐えることが出来た
 ・一時間ほど夕方寝をした(一日は耐えられなかった) 笑
 ・美味しい蕎麦を父親と一緒に食べた
[PR]
by nakayamaryu | 2009-07-19 22:50 | 稽古と治療