治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

自分を抜く入れる

昨日、土曜日は観照塾に行ってきました。そこで感じたことを、また好き勝手に治療と結びつけて書いてみまぁす。

 <感じたこと>
・上下の伝達
 上下左右の身体の繋がりと呼吸の入り方などを観る。症状がある場合、どこで繋がりが鈍くなっているかなど観察する。そのためには、まず自分の身体の伝達を認識する。

・12時-6時-3時-9時の緩みをとるということと身体操作
 接点の緩みをとる時の、発想と工夫と流れのイメージをもっと考える。

・鎖骨-肩甲骨を抜く、入れると骨盤時計
 ここが抜けていて、楽に動けることは非常に重要であるため意識していく。

・身体操作と意念
 もっと、ありありとイメージしながら治療に取り組んでいきたい。もちろん前提条件に身体操作(身体創り)があるが、精度を高めていく。

・呼吸でつなげる、呼吸したつもりになる
 これも意念ということになると思う。身体と脳まで繋がって動く。フェルデンクライスをもう一度読み直そうと思った。

・自分を抜く、入れる
 今回、感じた中で一番、感じれて嬉しかったこと。治療で非常に生きてくると、自分の中で期待している。

・観察し工夫する(味は敵より)
 治療をするうえで、一番大切なこと!何よりも重要だと感じている。


 ってなことを感じました。気づくって、嬉しいものですね(^^)/

  「今日の嬉しかったこと」
 ・寝不足だったが、ゆっくり過ごせて楽になった
 ・友人が相談に乗ってくれた(PCのこと)→PCをいまいち解っていない(汗)
 ・部屋の拭き掃除が出来た
 ・今、狙っているスイーツがある(^ー^)ニヤリ
[PR]
by nakayamaryu | 2009-08-23 22:48 | 稽古と治療