治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 土曜日は、いつものように稽古に行ってきました。そこで感じたことをいつものように治療と勝手に結びつけて書いてみます。

 <感じたこと>
・手と腹のつながり
治療を手でやらないために、そして頭でやらないために、感じるためには腹と手が繋がっていることが重要。

・手のはらと母指-小指、示指-薬指、中指
手の肚を創って、その他の指もそれぞれ活かしていくと手の形ができてくる。このことはこれから十分に工夫し活きた治療の手をコツコツ創っていく。

・接点の圧を均等に。と手の形
患者さんとの接点を呼吸を観ながらどう取るか、そしてそこの圧をどうすれば繋がるようにとれるかそれが結果的に手の形としてどう出てくるか色々やってみて検証していく。

・緩めるということと、いつでも緊めれるということ
緩めるということは腹と繋がるということで、いつでも入れることが出来る状態で、ここというところが観えるためのポイント。一つ一つの動作で丁寧に入れる緩めるをやっていき自然に繋がるようにする。

・手の創りとベクトル
患者さんとの接点をとった時に、中心をどうとって力の方向はどうで自分の身体とのバランスでどういうベクトルが生まれるかによって手の創りがどうなるか。考える。

・体操との繋がり
身体が出来て手と繋がってやっと手が活きてくる。身体を創ったり手を創ったり行ったり来たりしながら段々と繋げていく。
 
・無形の位
今興味があり、これを研究することで、色んなことにいきてくると思うので色々やる。

 
 毎回、やはり奥が深いと感じ気づくポイントがあり面白いなあと思います。日常を工夫し一つずつ積み重ねて自分の身につけ、実になって味のある人間なりたいなぁ~と思っている今日この頃です。そのためには日々の何気ない「日常」というものに対する発想を色々と変化させ工夫していくとどうなるかなぁ?という仮説が思い浮かんだので、もう少し具体的にいくつか仮説を立ててやってみます(^ー^)

参照:考えている暇は無い?
参照:機ということ
参照:こんなんどうか?(道歌)

  「今日の嬉しかったこと」
 ・昨日、朝から爽やかに運動の秋を楽しんだ
 ・昨日の夜は朝とは、別の友人と食欲の秋を楽しんだ
 ・犬や虫が感じているということについて話したこと
 ・気持ちよい気温で気持ちよく治療できた
 ・今朝、いつもより早起きした
[PR]
by nakayamaryu | 2009-10-05 20:46 | 稽古と治療