治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

違い

 先週の土曜日の稽古で感じたことを、今年も治療と絡めて書いてみたいと思います。

<感じたこと>
・やっと、違いを感じられるようになってきた
自分の認識している(使っている)部分が、今まではこれで良いと思っていたことが実は違った。なんてことが毎年毎月あるわけだが「違いを感じられる精度」というのは、やっていないと高まらないし分からないものなんだなぁと感じた。後、ここの精度を高めるためには「素直」さがポイントになってくると思う。
素直に感じ、素直に聞き、素直にやってみる。「素直」というのは今年のテーマでもあるので一歩ずつ歩んでいきたいと思う。

・しっかり挙げて(浮かして)鎖骨を緩める
しっかりと浮かすから、緩めることが出来る。だから西江水がきいてくる。身体が繋がってやっと、手が活きてくる。手も非常に大切だが手じゃない。

・膝と股関節と平起平落
全く、考えも感じもしていなかった。伸ばしていきたい。

・なんでも一緒
という心持でいると、共通項が観えてきやすいし焦らないし面白い。どういう治療方針でいくかという時や、出てきた結果に対して余裕が生まれる。西江水がきいて横隔膜が浮いて頚がきまっているなど身体が通っているかが前提条件だとは思うが。


  「今日の嬉しかったこと」
 ・注文していた本が届いていた
 ・美味しそうな元気の元を頂いた
 ・温かい部屋に居れること
 ・昨日、NHKのプロフェッショナルという番組を見たら面白かった
 ・遠方に住んでいる後輩から少し良い知らせがきた
[PR]
by nakayamaryu | 2010-01-12 22:01 | 稽古と治療