治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

一回一回

 先週も土曜日は稽古に行ってきました。そこで、感じたことを治療と絡めて書いてみます。

<感じたこと>
・中にあるけど広がる 集約して広がる
体内の集約と広がり。治療の際これで接点の弛みをとったり操作したりする。全般に大切。

・西江水からのエアー(空気)→呼吸=気?
というイメージ。凄く大切。

・体内操作と無形の位
治療操作で一回一回、無形の位から始める。身体も発想も気持ちも。

・臨界点まで呼吸する 臨界点まで弛みをとる
ここを感じるためには、やはり体内操作が重要で、きっちり弛みがとれることで治療が大きく変化する。

・1回1回の呼吸
自分の呼吸も一回一回が大切だし、患者さんの一回一回の呼吸も大切。呼気→間→吸気→間で操作の流れができたり、全てにおいて呼吸って大切。


書いてて、思ったのが全て自分の中の自分勝手な仮説であるということ。そしてそれを、毎日色々と試みていることが楽しいということ。(ちょっとイキッテみました 笑)


   「今日の嬉しかったこと」
 ・お花を頂いた
 ・予定が思っていたよりスムーズに流れた
 ・スッキリした目覚めだった
[PR]
by nakayamaryu | 2010-04-05 22:17 | 稽古と治療