治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

体内操作

先週の土曜日に参加した、稽古で感じたことを治療と絡めてかいてみます。

<感じたこと>
・いちいち弛める
一回一回の治療動作で丁寧に自分の身体を弛め、無形の位(ゼロ化)することは非常に重要。

・中を寄せて伸び縮み
自分の中を寄せたり広げたり伸ばしたり縮めたり右や左へやったりと、中をセンタリングする。

・背中側
背中側の空間の意識や使い方で治療の際の立体感が変化する。後頭骨や背骨で呼吸し観る。

・きっちり動くと浮きやすくなる
患者さんに動作してもらう際、色々と配慮すべきことはあるが決められた条件の中で、きっちり臨界点を意識し動けけるように誘導できるように、自分の身体を創りながら学ぶ。

・意念と発想とイメージ
自分が発想しやすいようイメージしやすいように、身近なものとリンクさせてみる。

・体内操作で弛みや接点をとる
弛みや接点をとること以前に、体内操作がある。


ということ感じ、というような仮説を立ててみました。色んな仮説を立ててみて中心めざしていったりきたりしているなぁと思いました。前に立てた仮説の中で没にしたものが意外と使えたりすることもあったり、中には折角いい発想やぁと思って取り組んでいたことが抜けてしまっていたりすることもあります(汗)
すぐに引っ張り出せるように整理しておくことも、また一つ楽しむための技術かと思いました。


  「今日の嬉しかったこと」
 ・色んな人と話し、色んな話を聞くと非常に自分のためになる
 ・気が向くということって大切と思った
 ・昨日、友人と話した
 ・やはり心が大切だと感じ、そしてバランスが大切だと感じた
 ・何かにつけて無形の位(ゼロ化)ということがmyブームになっている
[PR]
by nakayamaryu | 2010-05-07 22:58 | 稽古と治療