治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前

先週の土曜日は稽古に、日曜日は勉強会へ行ってきました。そこで感じたことを治療と絡めて書いてみたいと思います。

<感じたこと>
・受けているときも、つけるなどの稽古
どんな状況や条件でも稽古はできるし自分は創れる。いつもと違うことをするということも大切。

・空気(空間)や現象を吸い込み感じる
西江水をきかせ、脱力することで素直に現象につけることができるのでは?と思う。

・手の肚と甲と横隔膜→西江水
体内操作。発想や意識が変化することにより現象も変化する。

・バランスをとっていく
何がどうなっているから、どうするか?という絵がありありと描けていることが大切。そしてバランスをとっていく。

・おもしとバランス
症状やポジションを活かしてバランスをとっていく。

・触れる以前
めちゃんこ重要。日々の自分創りということになる。

・最初が大事、ポジショニング(自分自身の西江水や横隔膜)
これも、触れる以前のこと。

・ズレた瞬間を観る→軸を観ている
繋がってちょっとズラせたところというのが、緊張と弛緩の間ということになると思った。呼吸の間隙とリンクさせて考えて色々と試してみる。

・ゼロ化の精度をあげていく
すぐに自我や欲が出てくる。ここの精度ということは意識し続けていきたい。

・観察
みえるものから、しっかり観察し目を肥やす。


ということを感じました。いつも好き勝手に書いてますが、コツコツ色々試しながらやっていこうと思います(^^)


  「今日の嬉しかったこと」
 ・ちょと余裕があった
 ・自転車が発見された
 ・帯って素敵!って思った
 ・心に栄養を与えることができた
[PR]
by nakayamaryu | 2010-05-11 22:40 | 稽古と治療