治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

考えない

 いつもお世話になっているK野先生がよく言っておられるが、治療をするにあたって何も考えないということは非常に重要なことなのだなと最近感じています。そこで「考えない」ということについて箇条書きで書き留めておこうと思って書いてみました。

・考えて治療などをしていると、ちょっとしたことが遅れたり身体にとって自然な流れではないようなことをしていたり、何よりありのままを感じる(観照する)ことができないと思う。自分の考えの範囲内でやろうとしてもたかだかしれている。

・実際に何かをするときに考えないでいいように、それまでに色々と考えたり本を読んで知識をつけたり身体創りをしたりということが大切になってくる。

・身体も考えも発想もゼロ化(無形の位)ということが出来て色んなことを感じ捉えて、そこから治療法なりなんなりが出てくる。

・考えないためには、思っていた以上に集中力がいる。うすらぼんやりというか広がった集中というかそういった感じの集中力。そこで呼吸法が重要になってくる。


というよういな事を感じました。そしてこういったことが身についてくると。

おのづから 映らばうつる 映るとは 月も思はず 水も思はず
カン察し カンじ カンがえ カン冴えて 先入カンを 捨てんとアカン

などのことが出来てくるんじゃないかと考えています。明日はどんなことがあってどんなことに気づくのやら(^^)

参照:武道歌撰集 一之巻
参照:こんなんどうか?(道歌)

   「今日の嬉しかったこと」
 ・美味しいパンを頂戴した
 ・今日は目覚めが、眠たかったが気持ちよかった
 ・納豆にラー油をたらしたら美味しかった
 ・窓を開けて治療していたら気持ちよかった
[PR]
by nakayamaryu | 2010-06-10 22:40 | 日々の感じ