治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

浮き

 土曜日は、いつものように稽古に行ってきました。そこで感じたことを治療と絡めて書いてみます。

<感じたこと>
・浮いているということ
浮いている(広がっている)と接点も変わるし、脱力もできる。浮かす前の前提条件で浮き方も変わるので、これもやっぱり研究していく。

・仙骨と後頭骨
ここのつながりと、うすらぼんやり観ること(3D)の関係性については意識していく。もちろん西江水(丹田)がきいていてのはなしだが、診察や感応するときに仙骨-背骨-後頭骨が重要だと感じている。

・手の内と接点の引きと攻め
最近、一番興味を示している。接点のとりかた一つで体幹が活きてくる。引きと攻め、弛みをとるなど色々あるが工夫ていく。

・肘肩さんの脱力
ちゃんと浮いて仙骨-頚(後頭骨)が決まって、接点がとれて肘肩が抜ければ、西江水(丹田)に聞ける。

・合わせて伸びてくる(骨盤時計)
骨盤時計で合わせて、付け時でつけて、弛んでくる。身体で感じた感覚を頼りに工夫していく。

・空間をどう使っているか
特に、自分の後ろ側。


 といったことを感じました。結局、全部がバランスよく出来てきて初めて色んなことが出来てくると思うのですが、創り方を学び自分なりに考えて工夫し、治療の際には考えないでいいように自分を創っていくことで治療が出来るようになってくると思っています。一人一流目指してがんばりまぁ~す(^^)


  「今日の嬉しかったこと」
 ・日曜日、友人たちと楽しい時を過ごせた(貴重な時間)
 ・美味しいそうな飲料酒を頂いた
 ・昨夜、蒸し暑かったが何とか眠れた
 ・思考や発想の重要性について感じた
[PR]
by nakayamaryu | 2010-06-29 20:18 | 稽古と治療