治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

形にとらわれない

 土曜日は、稽古に行ってきたのでそこで感じた事を治療と絡めて書いてみます。

<感じたこと>
・弛みをどこでどうとるか
接点の弛みはもちろん手でとっているのだが、手ではない。非常に大切な部分で接点を引きと攻めでとれることにより、治療が活きる。

・ゆっくり動かせる(段階に分けれる)
ゆっくり操作する心構えにより丁寧さがでてくる。そして感じながらつけれる。逆に速くもでき速度や呼吸やリズムを使える。

・バラバラに使える
自分の身体の細部まで自由に呼吸できたり使えることにより操作も楽だが、映るようになってくる。

・とめれる
臨界点。自分はズレない。

・細さと仙骨と受けておける
ここの精度を高める。安心していられる。

・ロッキングチェアー
やはり、全てに入ってくる。

・手
手ではないが手を創ることは治療において重要。


  「今日の嬉しかったこと」
 ・褒められた(^^)
 ・昨日、友人がお土産をくれた
 ・別の友人が色々と段取りをしてくれている
 ・昨日、天龍寺の庭に行った
[PR]
by nakayamaryu | 2010-07-05 20:04 | 稽古と治療