治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中心を持つ

土曜日は、いつものように稽古に行って来ました。そこで感じた事をいつものように治療と絡めて書いてみます。

<感じたこと>
・弛みをとっていって労宮により中心を持ち、西江水でとり続ける
非常に集中力とうすらぼんやり感がいる。西江水(丹田)で全部やるので、西江水があることが大前提になってくる。自分創りに一層、励む。

・中心を持って、細くする
接点(五指など)の圧を均等にするようにして触れる。弛みをとるということになるのだろうか。相手に持たれていてもこれは同じこと。この中心感覚は今非常に興味津々である。今はこれも、西江水の出来具合によって分かってくるのだろうという仮設を立てている。
→今、行っている検証法の一つ→一度、グッと押えるなり掴むなりして手首~肘~肩など緩めていき西江水に落ちてくるのを感じ西江水で操作してみる。

・西江水-骨盤時計でベクトルを合わせる
治療操作で、いくところについていって呼吸の隙間で通していく時、こっちからのこれと、こっちからのこれがここで合って、どこに通るか。そこでのベクトルを腹と股関節で合わせて通す。


書いたことが出来ている訳ではないが、感じはもっている。一つ一つ焦点を合わせていくとします。しかし、K野先生は瞬間にやらはるので、一見ただ単に触ってるだけくらいにしか見えない。ほんま凄い。まぁ、当然のことながら、おいそれと出来てしまうものではないので、とことん自分を創る。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・土曜日、本を頂戴した
 ・友人から本を借りた
 ・土曜日久しぶりに友人と飲みながらトークした
 ・色々、検証できた
 ・なんしか考えて工夫する
[PR]
by nakayamaryu | 2010-10-25 21:56 | 稽古と治療