治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

心の集中

・無の境地に達したときに、恐怖心が無くなります。あらゆる不安が消えて、自分自身を完全に信じ切れるようになります。明鏡止水の境地に達するのです。
 そうなると、相手の心の動きが読めてきます。どう出てくるかということが、頭でなく肌で感じ取れるのです。いわゆる心眼が働くようになるわけです。

・こうしてやろう、ああしてやろうという欲を棄てなければなりません。頭で判断して動くのではなく、五感の反応にまかせてしまったとき、初めて自由にさばくことができます。そうなったらもう、相手の攻撃の種類などは問題外になるのです。

・私には、力の流れが見えているのです。それも感じではなくて、はっきりと見えるのです。
こういうのはジッと見ていてもダメなのです。すべてを総合的にパッと見取らなければなりません。

・相手の気(機)に合わせるということで、早くもなり、遅くもなります。相手の気と合わなければ意味がないのです。

詳しくはこちら

 使ってある単語を変えて読めば、野口晴哉さんの言葉かと思うくらいだ。と僕は感じました。いくとこまでいったら皆、一緒やけど!すごい人はすごい!うまいもんはうまい!


 後、土曜日の稽古に参加するにあたって心がけようと思ったことが、見取り稽古です。

 しかし、センタリグ呼吸法のブログは何でも書いてあるわぁ。と、思いました。しかも、読んだのに忘れてることや、その時は読み流していても改めて読むと「はっ!」と思うこともある。まぁ、なんしか治療が、うまなって人様に喜んで頂けたら文句なしっす。笑 あっ!またK野先生の声が聞こえてきそうです。 笑
 「全部、書いたぁるやん」「何か文句ある?」←やっぱり聞こえた!笑


   「今日の嬉しかったこと」
 ・患者さんに髪型を褒められた
 ・人から聞いたことを早速やってみた
 ・よい判断をした
 ・今、目にゴミが入ったみたいで痛いが耐えてブログを更新している
 ・あっ、治った
[PR]
by nakayamaryu | 2011-03-03 20:31 | 日々の感じ