治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

生と死

 友人のブログで紹介されていた。「人生の旋律」 神田昌典 著から紹介させて頂きます。


 「とてつもないチャンスがノックしてきたとき、自分には絶対できない自分には無理と思えることがあるでしょう?たしかに、それは今のあなたがやるには難しいことかもしれない。でもね、未来のあなたには、なんてこともないことになるのよ。だからね、未来のあなたを信頼するの。未来のあなたに、どうやって自分はそれができるようになったか、聞いてみるのよ」

 幸せとは、いかに生き、いかに死ぬか、という死生観があってはじめて得られる。死をリアルに感じることができなければ、生もまたリアルに感じることができない。幸せとは、そうした人生のパラドックスの中から、あなた自身が、自分の物語を引き出すことに他ならないのである。


#管理人です
 治療家として、人として、生と死ということを真直ぐに見つめ素直に感じるということは、最も大切なことであると感じました。治療ということをどのようにとらえているのか、自分の中で治療とは何なのか、そして自分は何がしたいのかということを振り返り、再考し、今の治療のあり方ややり方、患者さんに対する心持、気の持ちようなど、根本的な自分の根っこを、最初の心の角度を今一度、整理し確認し現状を認識します。

   「今日の嬉しかったこと」
 ・気づきがあった
 ・テーブルと椅子をそこそこ褒めてもらえる
 ・自分の修正点を一つ発見した
 ・方向性が出てきた
 ・もっと、自分の空想を客観的に観察できたら面白いと感じた
[PR]
by nakayamaryu | 2011-04-20 21:13 | 日々の感じ