治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

やはり姿勢は大切です

「身体感覚を取り戻す」 齋藤 孝著より紹介させて頂きます。

・どうやって立つか 
 自然体の立ち方の基本はおよそ次のようである。足を肩幅に開いて膝を軽く曲げ、両脚にほぼ均等に体重をかけて腰と肚はしっかりとさせておき、背筋はすっと伸びて肩の力は抜けた状態である。自然体は、安定した立ち方であり、少々押されてもぐらつきにくい立ち方である。
 これと対照的な立ち方は、何かに寄りかかって立ってている立ち方であり、支えを急にはずされるとよろけてしまう立ち方である。あるいは片方の足の膝を伸ばしきって一本のつっかい棒のようにし、それに寄りかかる立ち方も、自然体とは対照的である。この立ち方は、机に鉛筆を立てたように、不意に押されると倒れやすい。この場合は重心が踵側にある。この状態だと、踏ん張りが効かず、またすぐに動くのが難しい。
 自然体の場合は、足の親指の付け根のところの盛り上がった部分に重心が乗っている。ここは踏ん張るときに力が入りやすい部分である。しかも膝が軽く曲げられて余裕をもっているので、圧力が外からかかったときに吸収しやすい。「膝に余裕をもたせる」という表現は、この意味で象徴的である。

肛門とへその感覚
 帯は、下腹部と腰骨の連結を意識しやすくすると同時に、肛門をぎゅっと締める感覚をも支えている。相撲のまわしや褌のように股を通せばより明らかであるが、肛門をぎゅっと締める感覚もまた、こうした腰肚文化の重要な感覚の一つである。野口整体の創始者である野口晴哉は、絶対にやりますとどんなに言い張る人がいても、その人の肛門にずぶずぶ指が入ってしまうようでは到底実行は覚つかないだろうと言っている。この認識は、野口晴哉のみならず、かつての日本においてはよく知られたものであった。

・背負うことのコツを知る
「ヘソ曲がり」や「おなかに力をいれて」というこ言葉がありますが、実際子どもが元気が無い時、おヘソはペタンコで力が無く、抱くとフワッと軽いのです。子どもが幼稚園や学校で何かあって、朝「行きたくない」という時フワッと軽いのですが、しっかり抱っこやおんぶをしてあげるとどんどん重くなり、おヘソに力が入ります。そして重くなった頃子どもは白分から「行ってきます」と出かけていきます。その間一言もいりません。(おヘソに力が入ったことで、状況は何も変わっていないのに、それが行きたくないほどのストレスではなくなってしまうようなのです。
 自分で乗り越えられる元気が出たということなのでしょう。逆に、おヘソに力が無いまま無理に行けば、いつもならなんでもない事も新たなストレスになってしまうかもしれません。「行きたくない」という子どもを叱咤激励し行かせるのは大変なことです。でも、おヘソに力が入りさえすればいいんだとわかった時、大事なのは空元気ではない本当の元気で、今、目の前にいる子が元気かどうか感じられることなのごと思うようになりました。
                              (人体科学会第九回大会抄録集より)
 これは私白身も試してみたが、効果的であった。ぐずっている子どもをおんぶしてしばらく呼吸を合わせていると、しばらくすると子どものほうから降りていく。自分から降りたあとはぐずりは消えている。ぐずったり、へたりこんだりしているときには、言葉よりも背負うほうが効く。

 *管理人です
他にも歩くことで聞く構えや学ぶ構えが養われるという興味深いことも書いてありました。「美しい日本の身体 矢田部 英正著」にも共通して書かれていることが多々ありました。生活の中での動作が昔より便利に楽になるったことで身体の使い方に対する感覚が急変し失われたものが非常に多いようです。
 日常生活の中により良い身体感覚がいかに馴染んでいくかが大切なポイントだと感じました。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・今日のしておきたかったことが出来た
 ・今から歩きに行く
 ・今朝、スッキリと目覚めた
 ・道具に対する大切さというものを感じた
[PR]
by nakayamaryu | 2011-11-21 21:22 | 本の紹介など