治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

足裏

 「足の裏は語る」 平沢 や一郎著より紹介させて頂きます

 ・足指部と足底部の面積比

 性差はほとんど見受けられないが、左足の方が右足よりもやや大きい値を示している。このことから、左足が全身の主軸性、右足が運動性という機能的一側優位性の存在を評価するための重要な指標の一つであることが言える。

 ・滅亡の日ー足元まで

 最近、直立能力の測定の結果から見るに、現代人の立ち構えが、怪しくなってきたようである。つまり、人類滅亡の危機の兆しが、見えはじめて来たということである。ことはきわめて重大である。それは、現代人が立った時、足の裏に落下する重心のその位置が、だんだん踵寄りに移行し始めてきたのである。これは、現代人の立ち構えが、いわゆる「ふんぞり返り」の傾向にあることを示す。言うまでもなく、全ての動作の基本は、直立能力である。もしこの「ふんぞり返り」の現象が、直立能力の衰退に繋がるとすれば、ことはますます重大である。

 ・世界の名医

 この「名医」が、いつとはなしに人間の幸福というものを教えてくれた。それは、健全でない身体が、必ずしも不幸ではない。人生最大の不幸は健全でない精神である。ということである。そして、健全な身体と精神の両方が与えられているということは、そんなことは、稀有なことであることも、わたしはこの「名医」から学んだ。
*中略*
「世界の名医」が身をもって示したものは、いかにその日を真実に生きるかが問題であって、われわれが考えるような、「健康で長生き」とはおよそ縁遠いようである。

#管理人です
 他にもオモシロいことが色々と書かれていました。勉強になります。

   「今日の嬉しかったこと」
 ・お誘いを受けた
 ・ハワイアンが心地よい
 ・身体っておもしろいなぁと思った
 ・明日は、二週間ブリブリに稽古に行く
 ・今から友人と話す
[PR]
by nakayamaryu | 2011-12-02 21:30 | 本の紹介など