治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

手と身体

   (今日の感じたこと)

 《がぶり寄りや歩法で治療の動力を創ることで手が活きる》
・治療動作の中で丹田に吸い込み、その丹田が落ちる所(いく所)を明確にもてると手が活きてくる。

・手が活きてくるということは、膝が抜け、薄筋が利き、膝でリード出来、骨盤が締まり、胸郭が浮き、肘-肩が抜け、肘でリード出来、頚が立って、丹田が利き、その丹田からの動力が、力みも抜けもしていない陰陽のバランスがとれている身体を流れて、手が活きてきて、治療をすると治療操作という表現になる。

・吸って-ゆるめて-吐いての呼吸で自分をリードする

・対極から動く、右にいくときは左に、上にいくときは下になど

 ということを感じました。こんなことが具体的に人に分かるように表現できるようになると自然に動けるようになるんやろなぁ~と思いました(^^)
あと、やっぱり活動する!動くってことがまずは活きるためには必要だなとも思いました。
[PR]
by nakayamaryu | 2013-01-22 21:55 | 日々の感じ