治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

空間のゆるみ

 昨日は、稽古に行ってきました。そこで感じたことなどメモしてみます(^^)

剣を中心とした稽古でした。特に空間のゆるみをとるというのが大きな気づきとなりました。

(感じたこと)
・肩→肩の抜けは肋骨が浮いて上腕のオロチを肩甲骨からの流れでおこなう

・肘→肩からの流れがあり常にフレキシブルに動く状態で肘でリードする

・手→手の甲の意識が出るためには肘ー肩との関連がポイントで、手の内のオロチが出来ると5指の使い方が良くなる。(治療の手)

・吸い込み→水のイメージを持ってみる(排水溝の感じ o原さんの教え)仙骨ー足底

・身体中の時計を合わせていく(引きと攻め)→オロチ→骨盤時計→行き着く先はセンタリング呼吸法

・空間のゆるみをとる→自分の身体のゆるみをとる→自分の空間のゆるみをとる→相手との空間のゆるみをとる

 肩甲骨の時計(オロチ)に注目してみようと思いました。鎖骨との相対性を考えるのもいいし、まずは肩甲骨だけにしぼってみようかとも考えています。肩甲骨への流れは腹→背中→肋骨→骨盤の締まりと仙骨という感じで検証してみます。

 後は、自分の後ろの意識と剣を持つ手を、もっと柔らかいけど利いている手にすることを目指します。まだまだ剣を振ろうとしたり押そうとする我が入るので浮かしてズラスす工夫をしたいと思いました。
[PR]
by nakayamaryu | 2013-02-03 12:23 | 稽古と治療