治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

稽古の質

 K野先生の「技の習得目標についての提案」も、稽古を進めるためには何回読んでも大切だと思うので一部抜粋して、ご紹介させてもらいます。

・観照塾では、「ひぎりとは、稽古修行を よく努め 非を知る時ぞ 非切りなりけり」と古流武術で詠まれている、非を知る時を大切にしたいと考えています。そして、自分の非を認識できた時が、次の階段へのスタートになるはずなのです。

・鍛錬方法は、本来その必要性を感じた人が、自分で作り各自に実行されるべきものであり、他の人が作ったものは、なかなか理解しにくく、すぐには自分のものになりにくいと考えられます。鍛錬方法は、作った人が何らかの目的を持って作り出したものですから、その目的を理解していない人が、目的を持たずにひたすら続けたとしても、何にも気づけない事もあり得ます。

・それぞれのレベルによって、とらえ方が異なりますので、固定観念を持たずに、「身体を変えれば理論も変わる」という事を、常に念頭において、自分の現状を如何にして変えればよいかということを、確認しながら稽古を続けて頂きたいと思います。

#管理人です
 自分の感じたことを素直に自然に、次の瞬間にサッと行動に移せている(機・度・間を得る)ことが理想で、自分の思考で勝手に固まらないように、なんしか動いていきます(^^)/


 参照:機 度 間
[PR]
by nakayamaryu | 2013-05-28 08:06 | 日々の感じ