治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

薄筋を効かせた骨盤時計で動くための工夫

土曜日の観照塾の稽古で感じたことを書いてみます

・肩甲骨が寄って、振袖が伸びると離陸する
→無形の位で西江水が感じやすくなりました。離陸を丁寧にすることで身体の準備ができるのだと感じました。

・薄筋の伸び
→薄筋が効いて(足首が決まる)、呼吸で身体が伸びて、弛めて、さらに中が伸びて肩甲骨が寄って、振り袖が効いて、手首が決まって、蕾が開いて接点を引きと攻めでとると良いのではと感じました。

・喉の奥
→喉の奥の感じ(欠伸をこらえる・嘔吐)を軽くもっておくことで崩れにくい。

・頭蓋骨時計
→頭蓋骨の内側を、はけで塗ったり、舌の使い方や目線との関係性の一人稽古をしようと思いました。

・肘の抜け
→振袖が伸びると、肘の力は抜ける

・背中の意識
→大切

・下半身で動くには?
→もっと薄筋を効かせた骨盤時計で動くための工夫をします

ということを感じました。なんでもやらんと上手ならんなぁ~と自分の稽古の中途半端さを感じながら手を抜いてしまう自分(><)(笑)
[PR]
by nakayamaryu | 2015-05-11 20:26 | 稽古と治療