治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

手を抜くために稽古します

観照塾―稽古

(感じたこと)

・指先まで西江水ということ
→西江水の感覚を持ち、指先や髪の毛(あっ!僕は無かったです 笑)まで西江水から行ったり来たりするためには、骨盤時計―肋骨時計―ア門骨時計の連動と薄筋、肩甲骨の弛み、振り袖からの肘肩さんと親指姫が大切でそこに呼吸をどう使って動作と一致させイメージで動けるか?ということを感じました。
呼吸するだけでも何通りあるかわかりませんが(笑)何も考えず呼吸でき動ける感じを目指します。

・手の抜き方
→元々、手を抜くのが好きなのですが、手の余分な力みをなくすには身体創りをやらないとしゃ~ないということがわかりました。手を抜くために稽古します(笑)

・接点を感じる
→接点を感じるために吸い込む、と同時にもうイってる。接触するまえから西江水で吸い込み、接点は動かさないけど他の部分、全体が変化しイってしまっている状態。(イクというのは嶺-谷が直線ではなく立体的に出てくる感じ)

ということを感じました。指と手首・足首の関係性と、力みはないけど入っているということに興味が湧いている今日この頃です。
なんしか、身体の中を伸ばします(笑)
[PR]
by nakayamaryu | 2015-06-09 21:54 | 稽古と治療