治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:稽古と治療( 153 )

受け入れ態勢

 昨日は古武術の稽古に参加させてもらいました。そこで感じたことをメモしてみます。

 (感じたこと)
・体内操作と呼吸と臨界点
 →体の中が最大限に伸びる位置を感じ、条件が変わる中でも体内操作で自由に中を伸ばすことができることを確認
 →臨界点を感じていくことで、より体内操作を感じることができる
 →呼気時、吸気時と西江水への流れを感じる

・手の内と引き-攻め(陰陽)
 →常に引きと攻め(陰陽)が手の中にあり円運動があることで自由に付けれる
 →肘が自由になり体が浮く
 →接点の弛みをとり続けれる
 →刻刻と変化する部分と変わらない部分を感じる

・頚の位置と仙骨時計
 →非常に大切

・刃筋の引き攻めと体幹(中心)での引き攻め
 →弛みを取り、相手と繋がり、五分五分~51対49、の状態で付け続けるためのベクトルが分かりやすかった
 →付ける感覚と体内操作の変化と中心

 特に一番感じたのは、まず受け入れること!でも、こちらは乱れず静かに呼吸できている状態ということでした。治療以前の大切な処だと感じ研究していきます(^^)/
b0186321_11023162.jpg

[PR]
by nakayamaryu | 2014-04-06 11:03 | 稽古と治療

基本の大切さ

 明日から天気が崩れるということで桜の季節も一気に終わりますねぇ(^^)
そして今日は、治療終了後、Z當さんと1時間ほど体内操作の稽古をしました。そこで感じたことなど書いてみます。

(内容)
・体操1~7を出来るだけ体内操作を意識してやりました。
・体操と歩法
・剣の握りと手の内

(感じたこと)
・胸郭時計と浮きと軸
 →肘を自由に使い、手首を決め自由に接点をとり、つけるためには重要

・呼吸をガイドラインに、できるだけ自分の気付けていない(動いていない)ところを感じながら体操する
 →特に背中(背骨)で動けるように意識してみています

・軸と浮きと接点の取り方
 →治療では特に大切なところなので探求していきたいことの一つ

・基本の体操と歩法はやっぱり大切
 →なんしか根気よく自分の身体を創っていく!

 ということを感じました(^^)治療も身体創りも経営も、考えているだけではなく
やってみてコツコツ身につけていくことで、モノになっていくんだなぁ~と感じております。
b0186321_00073721.jpg


[PR]
by nakayamaryu | 2014-04-04 00:08 | 稽古と治療

稽古報告

 今年、初の更新ですが(汗)これからもボチボチ更新していきます(^^)/

先週の日曜日に遠路はるばるF本さんとO今さんに当院に来て頂きバランス運動療法の研究を一緒にしていただきました。お二人が京都着かれた途端に雨がやみ晴れ間がでてきたのにはビックリしました!(まぁ、ただの偶然ですが 笑)

その中で私が感じたことと何故そこを改善したいか?を書いてみます(^^)

(内容)
・治療に入る前の体の使い方
 →普段、稽古していることがどう患者さんの脱力に影響しているか検証
 →手でやるのと西江水(丹田)から動くのと、どう違いがでるか?

・お互いに治療してみて検証していく
 →普段の癖や改善点に気づくためにやってみました
 →やり方やK野先生に習っていることの表現や精度の違いはあるが、それぞれ結果を出せていけば良い
 →正解も不正解もないということを確認

・体内操作や剣、太極棒などと治療について
 →観照塾の稽古と治療の共通項とそれをどう活かすか?について検証

・弛みの取り方、接点を点でとり自由にコントロールする
 →ここの精度を高めると普段の体内操作が、もっと治療に活きてくると感じたので確認-練習をしました

(感じたこと)
・私自身、背中の感覚が甘い
 →治療の際、突っ込みすぎず余裕ができ意識の使い方の精度を高めるため。
 →脱力して手で操作せず効率よく刺激をするため

・肘-肩さんと手首の関係と接点の取り方
 →肘の使い方で治療や技の精度が変わり脱力しやすくなるから
 →手首を決めるというのは固めるのではなく接点の弛みをとり自分が浮くためだから
 →接点をきちんととれるということは、自由に刺激(合気)を入れれるということだから

・五分五分から49対51の状態をまず創る
 →弛みをとり、この状態を創ることからスタートだから
 →相手との関係性をもたずに一人でセンタリング呼吸しても何も変わらないから

・よく観察する
 →患者さんの診察からどの刺激で治療するか?を決定するのに、まず観察が大切だから
 →武術でもK野先生をよく観察し真似てみるのが近道だと思うから

・自分のどの場所でも自由に使いこなせる
 →どこでも、いつでも柔らかく受け入れもできれば、刺激を入れることもできる
 →丹田(西江水)をはっきりと感じ、使える
 →自分を第三者的に静かに自己観照しコントロールできると生きていて楽しそうだから

 ということを感じました(^^)色々、勉強になります。なんしか治療が上手くなり来院して頂いている方々に喜んでもらえるようにアクションしていきます!
b0186321_15381618.jpg

[PR]
by nakayamaryu | 2014-04-01 19:42 | 稽古と治療

何しか自分の身体

 先週の土曜日は今年最後の合気観照塾の稽古に参加させてもらいました。そこで感じたことをメモしてみます(^^)また稽古前に先輩のI尻さんに稽古をつけて頂きました。その時、感じたこともメモしてみます(^^)

(感じたこと)
・呼吸で動作する(吸って‐弛めて‐吐く)ことを感じるために無形の位から呼吸で剣を挙げる
・引きと攻めと呼吸と皮膚
・体のどこでも浮きがある。体に栓をして浮きを感じる。
・やっぱり下半身が大切
・臨界点と流れ始めるタイミング
・呼吸のレベルと弛みのレベルと丹田のレベル
・中心を合わせる。人中路。ベクトル。イメージと呼吸と動作の一致。
・治療と中心感覚

 ということを感じました。稽古も2週間休みになるので自分の身体を創り変え感覚も良い感じになるよう一人稽古をしてみます(^^)そして良い状態で、治療への心構え、考え、流れ、方法、言葉や音なども整理し磨きをかけて、新年の治療に備えられる年末年始の過ごし方をしたいと思います(^^)/

  「今日の嬉しかったこと

・楽しく笑顔で治療させてもらえた。心からありがたいことだと感じた
・心の成長をもっとしていきたいと感じた
・常に自分を上機嫌にコントロールできるようになったら最高だなぁと思った
・笑顔と笑いをいっぱい持っておられる人生の先輩の背中をみせてもらうと勉強になる
・天気が良いと気分が良い(^^)

b0186321_15114016.jpg

[PR]
by nakayamaryu | 2013-12-23 15:13 | 稽古と治療

下半身!

またまた、久しぶりの投稿になりました(><)!

先週の土曜日の武術(観照塾)の稽古で感じたこと、そしてその後、感じていることをメモしてみます。

 (感じたこと)
・あやとりと太極棒
 →手の甲側の意識-背中の感覚-上下の軸

・手でやらない
 →動作の順序を考える-体操や太極棒をやり込んで身体で覚える

・軸に対する意識
 →自分の軸と相手の軸、細さ

・空間の意識と歩法
 →なにかにつけて空間を使う意識を持っておく-身体に色んな仕込みが必要

・なんしか下半身!
 →歩法や骨盤時計が如何に大切か!ということを感じまっくっております!(^^)

 最近は、下半身の使い方と使う時の意識の持っていき方ということと、股関節と肩関節と頚が良い位置にくるように身体を使い、肘-手を完全にフリーにして動作する。その時の手首や指の使い方!
っていうことを考えて稽古してみています(^^)
治療にもバッチリと活かされます!なんしか、動きます(^^)

b0186321_1562728.jpg

[PR]
by nakayamaryu | 2013-11-22 19:33 | 稽古と治療

抜けて充実

 土曜日は、いつものように武術の稽古に参加させてもらいました(^^)そこで感じたことなどメモしてみます。

 (感じたこと)
・力が抜けているけど、充実している

・止まっているところ、動いているところ

・体内操作だけで動く

・接点の弛みも、体内操作と呼吸でとる

・学びを、どう活かすか!

 ということを感じました。なんしか体内操作・呼吸・意念が一致して動けるように、自分を仕込んでいきます(^^)一生、遊べます(笑)

 「今日の嬉しかったこと」

b0186321_21365651.jpg

[PR]
by nakayamaryu | 2013-10-28 21:36 | 稽古と治療

変える

 昨日は、観照塾(武術)の稽古に参加させてもらってきました。そこで感じたことをメモしてみます。

 (感じたこと)
・薬指の使い方

・体内操作

・センタリング

・吸って-弛めて-吐く

・力が抜けている(脱力ということ)

 薬指の使い方は、特に意識していきたいと感じました。良い治療をするためには、まず自分を変える!
そして変え続けるという遊び心をK野先生の背中をみさせて頂いていて、学ばせて頂いております(^^)/

興味を持って、面白がって、楽しんで、本気で一日を過ごしたいと感じました(^^)

b0186321_7335839.jpg

[PR]
by nakayamaryu | 2013-10-13 07:34 | 稽古と治療

上の玉と下の玉

 先週末の土曜日は、観照塾(武術)の稽古に行ってきました。そこで感じたことをメモしてみます。

 (感じたこと)
・なんしか体内操作

・頚の吊りと頭の中の中心の玉と丹田

・分け目と搦と引きと攻め

・自分の体の引きと攻め

・意識、イメージの使い方

・とりあえずビサ(微差)

・意識と動作と呼吸の一致

・頚時計と鎖骨周り

 ということを感じました。なんしか「稽古しまくって日常動作の中で無意動作まで落とし込んで治療に活かす」って感じだと思いました(^^)
気楽に楽しくをモットーに、色々と動いてみます!
今回、リーダーで教えて頂いたM岡さん、色々な気づきを頂きありがとうございました(^^)/

  「今日の嬉しかったこと」

b0186321_15281411.jpg

[PR]
by nakayamaryu | 2013-10-01 20:17 | 稽古と治療

思考回路

 土曜日は観照塾の稽古に行ってきました。そこで感じたことをメモしてみます(^^)

 (感じたこと)
・脱臼の整復と柔術の共通項→力ずくで無理やりするのではなく、いくところにいく

・色んな事の共通項を見つけていく事の面白味

・脱力の難しさと大切さ

・触り方、持ち方

・肋骨でのコントロール

・イメージを動作で表現するための日常での準備

・痛みで固まってしまっている筋肉に対する術者の脱力と同調

 ということを感じました。何でも共通項を見出し、表裏を考え、視点や角度を変え、色んなことに工夫し応用できるような思考回路をつけていこうと思いました。今回、リーダーとして教えて頂いたZ冨さん、気づきを頂きありがとうございました(^^)


  「今日の嬉しかったこと」

b0186321_1835593.jpg

[PR]
by nakayamaryu | 2013-09-16 18:36 | 稽古と治療

基礎稽古

 先週の土曜日は、観照塾の稽古に参加してきました。テーマは上虚下実でした。そこで感じたことをメモしてみます。

 (感じたこと)
・ゆっくり似たような身体操作を繰り返すことで、普段の自分の癖に気づく
・気づいたら改善する
・背中や後ろ側で動く
・ごまかしの利かない条件を創り検証する
・動作と呼吸-緊張と弛緩
・丹田が有り続ける

 ということなどを感じました。最近、背骨・背中側など後ろ側に興味があるので、右の背中と右股関節の繋がりについて見直すキッカケになり、背面の意識も変わったので良かったです。

今週リーダーとして稽古つけていただいたS川さん、一緒に稽古して頂いた皆様、ありがとうございました!\(^0^)/


 「今日の嬉しかったこと」
[PR]
by nakayamaryu | 2013-08-26 20:04 | 稽古と治療