治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

目的論

「痛みと身体の心理学」 藤見 幸雄著より紹介させて頂きます。

身体症状や病が伝えること
 
あなたは、病気にかかったり、身体に症状が現れたとき、どのようなことを思うでしょうか。
・何か悪いものでも食べたのだろうか、飲みすぎたのだろうか。
・仕事のしすぎ、ストレス、寝不足のためか。
・身体のどこかが壊れてしまったんだろうか?
・遺伝のせいか?
・老化現象か?
・幼少期のトラウマあるいは、過去の辛い体験のためだろうか。
・両親の不仲のためか、家族とうまくいっていないためだろうか。
・人に言えない秘密があるからだろうか。
・いや、環境汚染のせいだ。
・社会的不平等のためだ。
・自分のどこかに悪い点があるからだろうか? 人格の問題か。
・心が汚れているからだろうか。
・何か悪いことでもしたんだろうか、悪いことを考えたために「神様」に罰せられたんだろうか。
いかがですか。
 
医学的妥当性のあるものから、妄想的なものまでさまざまですが、どれもに共通している点があります。それは、どこかに「原囚」を求めているという点です。つまり、どれもが「因果」的な考え方をベースにしているのです。何らかの原因を想定するのは、それをつきとめ、取り除くことによって、病や症状を治す、あるいは心や身体を「正常」な状態に戻すためです。症状や病は「異常なもの」、したがって「排除されるべき否定的なもの」
とみなされているのです。それが「因果論」による、病気観、症状観です。
 
これに対して、身体症状や病を、「意味や目的のあるもの」としてとらえる「目的論」的立場があります。そのうちの一つが、私が心理療法を行なう上で大事にしている「プロセス指向心理学(ProcessOrientedPsychology POP)」です。ある人が頭痛を訴えていました。頭の中で大きな音が打ち鳴らされ、頭が割れるように痛いといいます。こんなときPOPでは、症状や痛みを、意味のあるものとして、大事にしていきます。目を閉じて、その大きな音に耳を傾けてもらうことにしました。その人はしばらくすると、音に合わせて頭をふっています。そして言いました「僕は生活の中でリズムを忘れていた。スウィングできず、人生を楽しんでいなかった」。その人がスウィングして人生を楽しむようになると、頭痛は解消されていました。


#管理人です
「目的論」という思考は治療をするに当たり非常に大切だと感じました。人は色々な表現をします。その中の一つの表現方法が症状であり、そこにはやはり意味があり、目的があるのだと思います。興味深いことの一つです。

  「今日の嬉しかったこと」
 ・爽やかなトークができた
 ・ゴキOリなどのトークをした。気持ち悪い話だが逆に面白かった
 ・友人と話した
 ・気づきがあった
[PR]
by nakayamaryu | 2010-05-14 21:53 | 本の紹介など

以前

先週の土曜日は稽古に、日曜日は勉強会へ行ってきました。そこで感じたことを治療と絡めて書いてみたいと思います。

<感じたこと>
・受けているときも、つけるなどの稽古
どんな状況や条件でも稽古はできるし自分は創れる。いつもと違うことをするということも大切。

・空気(空間)や現象を吸い込み感じる
西江水をきかせ、脱力することで素直に現象につけることができるのでは?と思う。

・手の肚と甲と横隔膜→西江水
体内操作。発想や意識が変化することにより現象も変化する。

・バランスをとっていく
何がどうなっているから、どうするか?という絵がありありと描けていることが大切。そしてバランスをとっていく。

・おもしとバランス
症状やポジションを活かしてバランスをとっていく。

・触れる以前
めちゃんこ重要。日々の自分創りということになる。

・最初が大事、ポジショニング(自分自身の西江水や横隔膜)
これも、触れる以前のこと。

・ズレた瞬間を観る→軸を観ている
繋がってちょっとズラせたところというのが、緊張と弛緩の間ということになると思った。呼吸の間隙とリンクさせて考えて色々と試してみる。

・ゼロ化の精度をあげていく
すぐに自我や欲が出てくる。ここの精度ということは意識し続けていきたい。

・観察
みえるものから、しっかり観察し目を肥やす。


ということを感じました。いつも好き勝手に書いてますが、コツコツ色々試しながらやっていこうと思います(^^)


  「今日の嬉しかったこと」
 ・ちょと余裕があった
 ・自転車が発見された
 ・帯って素敵!って思った
 ・心に栄養を与えることができた
[PR]
by nakayamaryu | 2010-05-11 22:40 | 稽古と治療

体内操作

先週の土曜日に参加した、稽古で感じたことを治療と絡めてかいてみます。

<感じたこと>
・いちいち弛める
一回一回の治療動作で丁寧に自分の身体を弛め、無形の位(ゼロ化)することは非常に重要。

・中を寄せて伸び縮み
自分の中を寄せたり広げたり伸ばしたり縮めたり右や左へやったりと、中をセンタリングする。

・背中側
背中側の空間の意識や使い方で治療の際の立体感が変化する。後頭骨や背骨で呼吸し観る。

・きっちり動くと浮きやすくなる
患者さんに動作してもらう際、色々と配慮すべきことはあるが決められた条件の中で、きっちり臨界点を意識し動けけるように誘導できるように、自分の身体を創りながら学ぶ。

・意念と発想とイメージ
自分が発想しやすいようイメージしやすいように、身近なものとリンクさせてみる。

・体内操作で弛みや接点をとる
弛みや接点をとること以前に、体内操作がある。


ということ感じ、というような仮説を立ててみました。色んな仮説を立ててみて中心めざしていったりきたりしているなぁと思いました。前に立てた仮説の中で没にしたものが意外と使えたりすることもあったり、中には折角いい発想やぁと思って取り組んでいたことが抜けてしまっていたりすることもあります(汗)
すぐに引っ張り出せるように整理しておくことも、また一つ楽しむための技術かと思いました。


  「今日の嬉しかったこと」
 ・色んな人と話し、色んな話を聞くと非常に自分のためになる
 ・気が向くということって大切と思った
 ・昨日、友人と話した
 ・やはり心が大切だと感じ、そしてバランスが大切だと感じた
 ・何かにつけて無形の位(ゼロ化)ということがmyブームになっている
[PR]
by nakayamaryu | 2010-05-07 22:58 | 稽古と治療