治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

集中のリズム

土曜日は、いつものように稽古に行ってきました。そこで感じたことを治療と絡めて書いてみます。

<感じたこと>
・親指と四指の関係と労宮 ・肘肩の抜け、と浮き
接点を均圧にとることで、そこから変化させていけるし変化を感じれる。

・七段階呼吸
基本を丁寧に、きっちり行い、自分の心身の現状認識や観察の精度を高め工夫して創っていく。

・集中のリズム
精神集中にもリズムがあり、集まってるが広がっていて、緩急のバランスがある。

・ココというタイミング
なんにでもあることだと思うのだが、やはりココというタイミングがある。でないと間延びしてしまう。合し打ちなど色んな方法で感覚を養っていく。


ということを感じました。だんだん面白いことが増えていってるようにも思います。こつこつやっていきまぁ~。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・一昨日の夜、友人宅でお鍋を御馳走になり楽しいひと時を過ごせた
 ・昨日の夜、友人に上七軒のビアガーデンに連れて行ってもらい友人たちと楽しいひと時を過ごせた
 ・気づいたことをやってみて工夫してみた
 ・なんとかブログを更新できた
 ・昨日、うちわをもらった
[PR]
by nakayamaryu | 2010-08-30 22:20 | 稽古と治療

見える

「シュタイナーに<看護>を学ぶ」  大住 祐子著より紹介させて頂きます。

私たちは教育を受け、物の見方、考え方というものを身につけました。しかし、その見方、考え方が自分を狭めてしまうことも時にはあります。たとえば、なにかを見たり、誰かの話しを聞いたりした時に、「そんなはずはない」「ばかばかしい」というように自分の価値基準をすべてにしてしまって、そこからはずれているものを否定してしまうような時です。また、私たちはとてもよく見える目を持っていますから、目に見えるものだけが真実であると思いこみがちです。でもどうでしょう。まったくの暗闇にいる時、私たちは何も見ることができません。その部屋に多くの家具が置かれているとしても、それは「ない」ことになってしまうのです。逆に蜃気楼のように、そこには存在していない物が見えることもあります。見えなくても存在している物、見えてはいてもそこに存在していない物、身近な例を考えただけでも「見える」ことの誤解はいくつもあります。
 
人間存在を考える時にも同じようなことが言えます。私たちは自分の感情や意志を見ることはできません。手で触れて存在を確かめることもできません。しかし、確かに「ある」ことは知っています。
生きていること、つまり生命があることも同じです。毎晩眠りにつくとき、そのまま永遠に目が覚めないとは思いません。生命や感情や意志といったものは、通常の科学的な方法では認めることができない領域にあるもので、肉体をいくら子細に探求していったとしても、その中に物質的に探し出すことは不可能です。宇宙を視野に入れることで初めて、見いだすことができるものなのです。

先達が語ったことに耳を傾けることはとても大事なことです。しかし聞いて鵜呑みにするのではなく、確かめることをしなくてはなりません。自然現象を見る時もおなじです。一粒の種から根が出て、芽が伸び、葉を広げ、花が咲く様子を見る時に、「当たり前の出来事」としてしか見ていないと、それ以上何も見ることはできません。しかし、先入観を持たずにそれぞれの出来事に、まっさらな心で向き合う時、根が出ることとはどういうことなのかを種は教えてくれるでしょう。
 
このように自然の営みの一つひとつを自分の目で見、さらに私たち人間の現象を同じ態度で見ていく時、多くの気づきが生じます。ひとつの出来事が世界とどのように結びついているのか、その存在にとってその形がどのような意味を持っているのか、そのようなことがありのままに伝わってきます。これが、人智学を学んでいく時に必要とされる姿勢です。まず、「そんなはずはない」「それはこうに違いない」というような思い込みは置いておき、幼子のように好奇心あふれる心で世界を眺めてみましょう。
 
参照:立ち止まって振り返る
参照:凄い人がいるもんだ

#管理人です
診察や治療の極意というのは、いろんな人が色んなところに書いてはるんやなぁ~と思いました。心で観れるように精進していきます(^^)


   「今日の嬉しかったこと」
 ・朝、窓から爽やかな風が入ってきた
 ・昨日、楽しい会合ができた
 ・今日の朝一の氷水!美味かった。
[PR]
by nakayamaryu | 2010-08-28 08:52 | 本の紹介など

挙げて下ろす

剣を挙げて下ろす動作の中に、治療での体内操作がふんだんに織り込まれていると感じた。
その中でも最近、最も興味をもっているのが剣の手の内ということだ。無形の位で剣を肚で持ち、そこから手の内を決め、ゆっくり挙げていくと手の中でバランスが刻々と変化していく。そこで弛みをとりながら自分の身体も最大限弛みをとって、横隔膜を浮かし、鎖骨を緩めて、肚に落ちてきて、またゆっくり下ろしていく。下ろしていく中での手の内の変化に、またず~っとつけていく。ポイントを変えれば他の練習にもなる。

という、何を言っているかわからないようなことをやりながら、接点のとり方を練習していると色々な気づきがあった。でも、大切なのは何をするにも落ち着いた心と精神集中力だという説が今一番お気に入りだ。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・今日も良いスタートがきれた
 ・上の文章を一年後に読んだとき自分がどう感じているか楽しみだ
 ・朝の一杯の水が美味かった
 ・今日も本気で生きようとしている
[PR]
by nakayamaryu | 2010-08-26 07:25 | 日々の感じ

会合

先週末、小・中・高一緒だった友人が東京から帰ってきていたので、高校時代の同級生数人で会合した。

今現在の仕事の話を中心にしていたのだが、みんなの話を聞いて非常に刺激になり、心で感じ心が動いた。学ぶべきことが多い。興味深い言葉として。

・物事を捉える時の感性が大切。
・やっぱり人、そして心が大切。
・最近、めっちゃ感謝する。
・凄い人達に共通することは、常識があるところ。

文字にすると、一見当たり前のことばかりかもしれないが、それをハッする友人達の言葉には自分で経験し自分のものにしているからこその心というか気の乗った言葉で、スッっと腑に落ちた。治療との共通項も非常に多く勉強になる。冗談や、昔話もしながら楽しい時を過ごせた。ありがたい一時だった。おおきに~(^^)


  「今日の嬉しかったこと」
 ・朝起きて、思ったことをすぐに行動に移せた
 ・起き抜けに飲んだ、氷水が美味かった
 ・今日は曇っていて日差しがきつくないので治療所の窓を全開にした
 ・さぁ~!今日も一日、全力疾走しよう!としている
[PR]
by nakayamaryu | 2010-08-25 07:33 | 日々の感じ

理屈じゃない

いつものごとく、土曜日に行った稽古で感じたことを治療と絡めて書いてみます。

 <感じたこと>
・色んな意味で「とおる」そして「腑に落ちる」ということ
力学的、物理的、身体的な流れが生まれ身体が通るということ。そして、目には見えない部分で通り腑に落ちるということ。確かにそういうものがある。

・理屈じゃない
早い話、理屈じゃない。出来るかできないか。通るか通らないか。はっきりしている。ただ、そこを目指すために理屈もいるかも。

・自分を自分のなりたい様に工夫して創っていくのみ
ここらで今一度、自分を締めなおす!

・手段は、あまたある
まず、自分の目指すものが見つかれば、そこに到達するための手段は探せばいくらでもある。もっと貪欲に情熱的に行動する。


#管理人です
気楽にコツコツ理想の自分に近づいていきます(^^)ここ最近の自分の課題は「切り替え」なのでそこをクリアーしていってみます。


  「今日の嬉しかったこと」
 ・お花を頂戴した
 ・以前より生活リズムの切り替えができつつある
 ・久しぶりにブログを更新できた
 ・お盆から先週にかけて友人達と会うことが出来た(^^)

  「明日、こうなったら嬉しいと思うこと」
 ・朝一の行動力が抜群!
 ・起き抜けの一杯の水を楽しんでいる
 ・心のこもった一日を過ごしている
[PR]
by nakayamaryu | 2010-08-23 22:41 | 稽古と治療

学ぶ

先日、紹介した本の中で挙げられていた昔の人たちの言葉を載せてみます。

レイモンド・チャンドラー
・男は強くなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。

お釈迦さま
・そもそも平等でないものを平等に扱うことほど不平等なものはない

カーネルサンダース
・安易に事を進めていると、のちに苦難が訪れる。困難なことに挑戦しているといつしか物事は簡単になっていく
・人は理論により説得され、感情と利害により動く

マザーテレサ
・愛情という言葉の反意語は憎悪ではない。無関心である。

新将命
・最大のリスクはリスクを冒さないこと

後藤新平伯爵
・金を残す人は下、事業を残す人は中、人を残す人こそが上なり

ピーター・F・ドラッカー
・すぐれたビジネスマンに見られる最も共通的な特徴は、日々の自己点検を怠らない人である


#管理人です
このような言葉の中にも治療との共通項がたくさんあり、何からでも学べるものだと感じた。何かを学ぶ上で本を読んだりセミナーや勉強会などに参加することも大切な方法の一つだが、学ぼうと思えば子供の遊んでる姿や夫婦喧嘩、酔っ払いなどの日常的なことからも治療を学ぶことができると感じた。ひょっとすると、治療の極意はその辺りにあるのかもしれないなぁ~と思った。
そこで、観察という事と精神集中力という事が重要になってくるという仮説をたてた。忍耐強く検証していく。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・治療室の空気感を褒めていただいた
 ・朝、きっちり行動できた
 ・結構、集中できた

   「明日、こうなったら嬉しいと思うこと」
 ・今日の教訓を活かしている
 ・スタートからバリバリ行動している
 ・友人との会合を心から楽しんでいる
[PR]
by nakayamaryu | 2010-08-12 21:14 | 本の紹介など

相手のためとは

今回も友人のブログで紹介されていた本で「経営の教科書」 新 将命著より紹介させて頂きます。

真の顧客満足を理解するための「七つの質問」 の項の一部より抜粋

②お客さまは神様か? 神様の要求はつねに満たさなければならないか?
答えはノーである。内容によっては、神様の要求にもノーといわなければならないこともある。具体的には、次のような場合である。

・我が社の理念や戦略に外れること
・法律違反になること
・儲からないこと、どんなにがんばっても正当な利益が出ないこと
・絶対に無理な要求(できないこと)
・お客さまのためにならない要求
 
お客様のニーズには少しでも応えたいと思う気持ちはすばらしいが、自社にできない要求にまで応えようとするべきではない。結果的に嘘をつき不信を招くことになるからである。
また、お客さまが損をすることをわかっていたら、たとえ自分たちが儲かることでもノーといわなければいけない。まちがっても、「お客さまは神様だからいわれたことは何でもやる」という空気をつくってはならない。

b0186321_21532433.jpg


#管理人です
治療においても共通項が多々あるなぁ~と感じる一冊でした。
「お客さまのためにならない要求」に対する処置なんかは、患者さんの心身を活かすことを第一に考え、その考えにそって治療を進める上で非常に重要になってくる。

あと、経営は「いまどこだ」「どうなりたい」「どうやる」「どうなった」も大切だということも書いてあった。治療も「現状がどう」で、「どうやる」、そして「どうなった」という、一つ一つの治療に意味と根拠というものをしっかり持って行うことにより意念の精度や精神集中の度合いも変わってくると思った。

参照:相手が自発的に良くなろうとした時に良くしようとする


   「今日の嬉しかったこと」
 ・朝から良いスタートがきれた
 ・思いつきがあった
 ・時間をそれなりに有効に使えた
 ・朝に頂いたスイーツを食べた
 
   「明日、こうなったら嬉しいと思うこと」
 ・気持ちの良い目覚め
 ・テキパキ行動している
 ・集中力が高まっている
 ・落ち着いた心で過ごしている
[PR]
by nakayamaryu | 2010-08-10 22:06 | 本の紹介など

ながれ

昨日は、二週間ぶりぶりの稽古に行ってきました。そこで感じた事を治療と絡めて書いてみます。

<感じたこと>
・接点を均圧にし、留めておき、体内操作
まず、両手があるから接点を陰陽でとったり、虚実でとったり、流れるところでとる。そして、接点を均圧にし留めておくための横隔膜の浮き。そして体内操作により治療操作をつけながらおこなう。

・頚までのつながりを観ておく
そして、接点からどこまでのつながりを持ち、頚までのつながりを観ておけるか。剣に学ぶ。

・ズラす位置(12時・6時・3時・9時)、ズラす頃合い、ズラす度合い
そこから、ズラす。ズラし過ぎず、すぅ~と流れるところを、骨盤時計・横隔膜の操作で感じる。

・背骨で動く
幅(広さ)と余裕ができ流れやすくなる

・軸の細さ、シャープさ
ここの精度により、つながり方、通り方、流れ方の違いが出てくる。全てにおいて重要なので精度を高めていく。

b0186321_8165843.jpg


人を活かす治療家になれるよう。ひとつひとつ、精神集中しながら高めるための行動を日々、工夫しながら起こしていく。


   「昨日の嬉しかったこと」
 ・思い描いていたような一日になった
 ・気づきがあった
 ・花火大会があったが、電車で座れた
 ・人様の心のありがたみを感じた
 ・心ある品を頂戴した

   「今日、こうなったら嬉しいと思うこと」
 ・朝からスッキリした心で行動している
 ・良い気分転換が出来ている
 ・ゆっくりした時間を過ごしている
 ・昨日、学んだことを速攻で活かしている
[PR]
by nakayamaryu | 2010-08-08 08:18 | 稽古と治療

スッキリ

数日前、紙に書き出して頭の中の整理をしてみた。意外とスッキリし行動しやすくなる。定期的にこういった作業をしていくことの必要性を感じた。


b0186321_21451392.jpg



  「今日の嬉しかったこと」
 ・お心のある品を頂戴した
 ・朝、まずまずのスタートをきれた
 ・心地よく充実した一日だった
 ・お風呂にゆっくりつかろうと考えている

  
  「明日、こうなったら嬉しいと思うこと」
 ・爽やかに目覚めている
 ・朝、冷蔵庫で冷やした水を飲んで「旨い」と思っている
 ・はっ!っと何かひらめいている
 ・やろうと決めていることが出来ている
[PR]
by nakayamaryu | 2010-08-04 21:55 | 日々の感じ

日記

 友人のブログで紹介されていた本「朝日記の奇跡」 佐藤 伝著より紹介させて頂きます。

・朝こそ自分自身と向き合うのに最適
わたしたちは、いったん家を出たら、もう「ざわざわの世界」にいやおうなく巻き込まれていきます。車のクラクション!満員電車!会社についても、電話は鳴る!メールは飛び交う!会議のための会議!クレーム!……。

こんな毎日のなかで、充実した人生を送るには、絶対に「閑」のひとときが必要不可欠となります。「忙中閑有り」とはよくいったもので、この閑こそが、朝のひとときなのです。
 
この朝の閑のひとときに、静かに自分と対話することによって、ほんとうの自分の進む道を、大局から見直すことができます。他人とのコミュニケーション能力の必要性はよくいわれますが、自分白身とのコミュニケーション能力の重要性はあまりいわれません。朝の閑のひとときこそ、この自分自身とのコミュニケーションに最適なのです。
 
「先々のことをのたまう連中は、ますます良い生活ができるようにと、ますます多忙をきわめている。生活を築こうとして、生活を失っているのだ」 この言葉は、約2000年前のセネカの箴言です。ローマ時代の人々と、わたしたち現代人と、およそ2000年という時を隔てても、その習性は、悲しいかな、まったく変わっていないということです。


・日記をつけて人生を変えよう
突然ですが、日本に会社がどのくらいあるかご存じですか?
 答えは、約635万社。
つまり、約635万人の社長さんがいるのです。働いている人の人口が約6500万人ですから、約10人にひとりは社長さんです。これって、結構多いと思いませんか?
 
さて、約635万社もある会社ですが そのうち上場している会社は、たったの3000社ほどです。残りの約634万7000社は、俗に中小企業と呼ばれている会社だということです。社長になるのはかんたんだけど、大きくするのは容易ではないということでしょうか。
 
その大きな企業約3000社の社長さんのなかから、アンケート会社が無作為に300人だけ選んでたずねた質問のなかに、つぎのような問いがあったそうです。
 「日記をつけていますか?」
さあ、どのくらいの人が日記をつけていたと思いますか。社長さんって、きっと忙しいから日記をつけている人は、そんなにいないんじやないかなあと思うでしょう。ところが、なんと300人全員が「つけている」という回答だったそうです。

さらに、ヨーロッパでも社会的に成功している人は、性別に限らず日記をつける習慣があるといいます。世界有数の総合金融サービス会社メリルリンチの社長とお会いした際、「この世に日記もつけずに自分の夢を実現しようとする人なんているのかね?もしいるとしたら、その人は、航海図をもたずに世界一周をしようとしているヨットマンと同じだね」と大まじめにいっていました。これら一連のことをどう解釈したらいいでしょうか?わたしは考えます。日記をつけることと、夢を実現することとは、切っても切れない相関関係があるのではないかと。だからこそ、日記をつける人、日記をつけようとする人が増えているのではないでしょうか。 

b0186321_2302134.jpg


#管理人です
自分自身とのコミュニケーション能力というのは非常に大切な能力の一つだと思います。素直な本当の自分というのは案外わかっておらず、その自分を自己観照し毎朝、現状認識することの積み重ねは後に大きな財産となると感じました。


  「今日の嬉しかったこと」
 ・なんとかスムーズに流れた
 ・やろうと思っていたことが出来た
 ・思ったように時間を使えた

  「明日、こうなったら嬉しいと思うこと」
 ・朝の時間を有効に活かしている
 ・身体から治療が生まれている
 ・楽しく行動している
[PR]
by nakayamaryu | 2010-08-03 22:31 | 本の紹介など