治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

沿わせる

中心を持つということを現在一つのテーマにしているのですが、今日感じたことは、沿わせて持つという感覚だった。沿わせる時というのは、こちらの方向づけや何かをどうしようとかっていうのは一切なく、ゼロで沿わせて持つ。

合気柔術風の言葉とつなげるなら、無形の位や吸い込みの感覚だと思う。そこから浮いてきた現象に対して西江水で何かすればよいということを感じた。

明日から、今日感じた事をまた検証していく。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・嬉しいメールを頂いた
 ・色々と頂き物をした
 ・自分の良かった点、改善したい点が明確に把握できている
 ・現状認識の大切さを感じている
[PR]
by nakayamaryu | 2010-10-29 21:31 | 日々の感じ

中心を持つ

土曜日は、いつものように稽古に行って来ました。そこで感じた事をいつものように治療と絡めて書いてみます。

<感じたこと>
・弛みをとっていって労宮により中心を持ち、西江水でとり続ける
非常に集中力とうすらぼんやり感がいる。西江水(丹田)で全部やるので、西江水があることが大前提になってくる。自分創りに一層、励む。

・中心を持って、細くする
接点(五指など)の圧を均等にするようにして触れる。弛みをとるということになるのだろうか。相手に持たれていてもこれは同じこと。この中心感覚は今非常に興味津々である。今はこれも、西江水の出来具合によって分かってくるのだろうという仮設を立てている。
→今、行っている検証法の一つ→一度、グッと押えるなり掴むなりして手首~肘~肩など緩めていき西江水に落ちてくるのを感じ西江水で操作してみる。

・西江水-骨盤時計でベクトルを合わせる
治療操作で、いくところについていって呼吸の隙間で通していく時、こっちからのこれと、こっちからのこれがここで合って、どこに通るか。そこでのベクトルを腹と股関節で合わせて通す。


書いたことが出来ている訳ではないが、感じはもっている。一つ一つ焦点を合わせていくとします。しかし、K野先生は瞬間にやらはるので、一見ただ単に触ってるだけくらいにしか見えない。ほんま凄い。まぁ、当然のことながら、おいそれと出来てしまうものではないので、とことん自分を創る。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・土曜日、本を頂戴した
 ・友人から本を借りた
 ・土曜日久しぶりに友人と飲みながらトークした
 ・色々、検証できた
 ・なんしか考えて工夫する
[PR]
by nakayamaryu | 2010-10-25 21:56 | 稽古と治療
よく、K野先生が治療される時、弛みをとって中心へ繋げて浮かして骨盤時計の12時6時3時9時で「こっちいったら固まる、こっちいったら弛む、弛むほうにいって、こっちいったら固まる、こっちいったら弛む」と言って最後に入れるなり抜くなり寄せるなりされているが、本当に通るし弛む!誰も嘘だとは言ってないが(汗)

でもやっぱり、自分創りが出来て西江水(丹田)が出来てこそだとも感じている。徐々にではあるが精度を高めていく。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・治療所に活けてある花を褒めて頂いた
 ・昨日、友人からオモロイ留守電が入っていた
 ・納得いった
 ・お花を頂戴した(^^)
[PR]
by nakayamaryu | 2010-10-22 21:20 | 日々の感じ

技術

「一つ一つの動作や治療行為に方向性とつながりがあり、なおかつ説明が出来る」ということも大切なことのひとつだ。もちろん言語化できない感覚的な部分もあるのだが、自分なりには表現でき説明出来ることで自分の中でハッキリとしたイメージが創られ再現性が生まれ、それが技術として身についていくのではないかと思った。

こういった自分の中のシナプス的なつながりが相手に伝わっていって治療術というものになっていくのではないかと今は思っている。やはり大切なのは自分創りであり西江水(丹田)であると感じる。

話は変わりますが来年への準備という事も兼ねて、今年あと二ヶ月ちょっと、徹底して自分の現状認識をしていこうと考えています。身体の面はもちろん、心や思考についてもまず現状認識が大切だと感じたからです。結構大変かも?ですが!やります(^^) 宣言。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・患者さんに「ブログ見てるよ」といって頂いた
 ・↑と言って頂き調子に乗ってブログを更新した
 ・今日の夜、部屋の掃除をしようという計画がある
 ・何週間か治療所を彩ってくれたホトトギスが役目を終えてくれた
[PR]
by nakayamaryu | 2010-10-21 20:12 | 日々の感じ

中心

日曜日に、中心塾という勉強会に行ってきました。そこで感じた事を書いてみます。

<感じたこと>
・中心を持つ 中心の意識
対象の中心を持つということと頚までの繋がりを常に意識しておくということの二つの事について今後、圧倒的に意識し創っていくことの重要性を感じた。

・指の接点 指の使い方
今の自分が改善することで一番、成長が望めるポイントが指の接点・使い方だ。中心を持つという感覚が出てくることで、ここもバランスよく使えるようになるのではないかと考えて試してみている。

・頚の位置
心の変化の出やすいところで、不安や迷いなどがあると顎が出て頚の位置が決まらなくなり中心を失い丹田と繋がらなくなる。一瞬で無意識になる。意識しておく。


中心塾に行っていて中心への意識に今更気づくとは!自分って斬新だなと思いました(苦笑)口で言うのは簡単なことで、実際に出来るということは大変なことで、更に人に伝えるとなるともっと大変。だが、自分の中でイメージはあるのでまずは、それが出来るように一つ一つ頑張りまぁ~っす。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・充実した一日だった
 ・検索したら図書館にお目当ての本があった
 ・お久しぶりな人から連絡があった
 ・なんしか、ひたむきにやっていく!と思った
 ・上手に花を活けれたと思っている
[PR]
by nakayamaryu | 2010-10-20 21:17 | 稽古と治療

色々やってみる

昨日は、いつものように稽古に行ってきました。そこで感じた事を治療と絡めて書いてみます。

<感じたこと>
・ゆっくり動作し、回路を創っていく
一つ一つコマ送り出来、別々に動かせてそれを繋げていく。普段してない動きをすることで脳に刺激がいき新たな回路が繋がる。

・良いところに誘導する(してみる)
自分の体内感覚の精度が高まると、ちょうど良いところや弱いところ強いところが浮かびあがってくる。とりあえず自分の感覚でやってみて修復していくことが重要。

・体幹の創りと浮き
センタリング呼吸法や体操、太極棒、剣などなどの動作を一つ一つ感じながら考え工夫し身体に練りこんでいくことにより「浮き」がでてくる。そこから治療が始まる気がする。一つ一つの精度を高めていく。

・浮きと、肘-肩さんと手関節と接点
浮いているから、脱力ができて手首が決まって接点が活きてくる。

・西江水(丹田)にあって抜けて動く
西江水は抜けず浮いて抜けることにより浮かび上がってくる。それに対して自然につけてズラして入れたり抜いたり呼吸して待っていたりする。


治療の際、治そうとか繋げようとか変えようとか何かしようとせず、自分をセンタリングし自分を保ち浮かび上がってきたものに、ちょっとだけ方向づけるような感じかな?と思いました。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・数日前、友人夫婦から、ええもんを頂いた
 ・少しずつ少しずつ、創っていこうと決意している
 ・ずっと、洗いたかった観葉植物の鉢を洗えた
 ・昨夜、少々、お酒を飲んでグッスリ眠れた
[PR]
by nakayamaryu | 2010-10-17 08:53 | 稽古と治療

心持ち

先週の土曜日は稽古に行ってきました。そこで感じた事を治療と絡めて書いてみました。

<感じたこと>
・最初のポジショニング(キッチリくわえ込んで、膝を弛める)
治療の際、患者さんのポジショニングも大切。自分のポジショニングはもっと大切。一回一回丁寧に、無形の位を創って浮いた状態でスタートする。

・浮きと、仙骨ー後頭骨
ここの連動性は、呼吸と共に丁寧に創って動く。脱力にも繋がる。

・呼吸と動作
当たり前のことだが、当たり前と勝手に思い過ぎて見落としがちになるが、常に呼吸と動作は振り返って観ようと感じた。治療の基本。

・どこででも弛みをとって、引きと攻め
弛みをキッチリとって引きと攻めをすることで、そこから色々できる。


ということを、感じました。心も身体も、まずは中心を保って肘-肩抜いて浮いているという心持ちでいきます。これは、野口晴哉さんの本に書いてあったのですが「治そうとか良くしようとかは人間がつくった心で自然な心ではない」と何処かに書いてあった記憶があります。身体も心も自然に使って治療するようにしようと感じましした。


   「今日の嬉かったこと」
 ・土曜日、友人夫婦が子供を見せに来てくれた
 ・昨日は町内の運動会に初参加したのだが、総合で準優勝して綱引きは優勝した。
 ・治療中、色々と確認できたことや気づいたことがあった
 ・明日も新たな変化があるか楽しみだ
[PR]
by nakayamaryu | 2010-10-11 18:27 | 稽古と治療

決め パート2

昨日の手首の決めと同様、治療中の心持ちや集中の仕方もきっちりと真はあるが、固まっていては出来るものも出来なくなる。表現が非常に難しいのだがそんな感じのことを感じた。

心の脱力、集中の脱力を試みている。具体的な方法は
①音楽に意識を向ける
②意識を広げる
③達人が横に居て治療中、自分にアドバイスする(違う目線を持つ)
④自分の身体の使い方をキッチリする

ということだ。すでに少しの変化は感じている。より良い変化ができるよう工夫していく。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・学びが多々あった
 ・気づきを活かしていこうと思った
 ・こんなこと考えたりしてんのが面白いのだと感じた
 ・明日に希望を抱いている
[PR]
by nakayamaryu | 2010-10-07 21:39 | 日々の感じ

決め

土曜日は、いつもの如く稽古に行ってきました。そこで感じた事を治療と絡めて書いてみます。

<感じたこと>
・手首の決め
手首は決まっているのだが固めているわけではない。股関節や膝の使い方も同様。決まっているが固まっていなく流れている。簡単に表現すると力が入っているわけではないが締まっている。この状態で治療をする。

・横隔膜の浮かし方と引きと攻め
横隔膜の浮きかたには人それぞれ違いがあるように感じたが、西江水(丹田)が抜けないように浮かすとうことは必須条件で、それにより引きと攻めが生じる。

・接点の圧は変えず、脱力し、柔らかく流れて治療する
今、自分が一番改善して伸びるポイントであろうところが手首の使い方で、そこを改善するために↑のようなことが必要になってくると考えている。そして、流れを感じ余裕のある発想をして治療していく。

ということを感じました。感じてから、どう考え、やってみて、工夫するか、が一番大切だと思うので色々とやってみまぁ~っす(^^)


   「今日の嬉しかったこと」
 ・患者さんから心というものを感じさせて頂いた
 ・気づきがあった
 ・ほんと、最近ぐっすり寝れている
 ・友人から情報を得た
[PR]
by nakayamaryu | 2010-10-06 21:46 | 稽古と治療