治療院の内容など


by nakayamaryu
カレンダー

<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ストーリー

「ハイコンセプト 新しいことを考え出す人の時代」 ダニエル・ピンク著より紹介します

 人は病気になったとき、自分の身に起こっていることを物語の形で理解するものだ。患者は自らについての物語を語る。我々が医師として治療や処置をする能力は、患者の物語を正確に認識する能力と密接な関係がある。もし、これができない医師がいたら、片方の手を後ろに縛られたまま仕事をしているのと同じことだ。

(中略)

―科学的に優れた医学だけでは、患者が病気と闘ったり、苫しみの中に意義を見出したりする手助けをすることはできない。科学的な能力とともに、患者の話を聞いてその意味を把握して尊重し、その上で患者の身になって行動する能力が医師には必要なのです―

 現在、コロンビア大学では、すべての医学部二回生が、医学の中核をなす科学の授業に加えて、物語医学の授業を受けることになっている。その中で学生たちは、患者の語る物語をより親身になって聞き、それを鋭敏に「読み取る」ことを学ぶ。こうして巣立った若い医師たちは、型にはまった一連の質問を並べて診断するのではなく、より広い視野に立って患者の状況を探ることができる。「どこが痛みますか?」と尋ねるのではなく、「あなたの人生について話してください」と語りかける。
 いくつかの調査によると、医学部の学生は学年が上がるにつれ、他人と共感する能力が下がっていくらしいが、物語医学が目指しているのは患者との「共感」であり、そこからハイ・タッチでハイ・コンセプトな結果を生み出すことだ。物語を学ぶことで、若い医師は患者と良い関係を築けるようになり、患者の人生物語を背景に現在の症状を判断できるようになる。
 
 シャロンによれば、良い医師になるには、物語の能力が必要であり、それは「人が物語から吸収し、解釈し、それに答える能力なのだ」となる。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・素敵な品を頂戴した(^^)
 ・ヒントを得た
 ・友人が忙しい中、自分のためにしてくれた(いつも感謝!)
 ・お誘いを受けた
 
[PR]
by nakayamaryu | 2012-03-29 20:37 | 本の紹介など

宣伝

b0186321_17454327.jpg

b0186321_1746838.jpg


患者さんが協賛されている「ハナマツリ」の宣伝です(^^)


   「今日の嬉しかったこと」
 ・整理ができた
 ・朝、気持ちよかった
 ・徐々に散歩を再開している
 ・楽しく会話をした
[PR]
by nakayamaryu | 2012-03-28 20:15 | 日々の感じ

これから

 土曜日は、いつものように稽古に行ってきました。そこで感じた事を書いてみます。

 (感じたこと)
・仙骨での立替
・引きと攻めと分け目と嶺-谷
・歩法と足の運び
・刃筋

 ということを感じました。少し状況や条件が変わると刃筋の意識がなくなっていたりするので、まだまだ身についていないなぁと感じます(^^)でも、おもしろい!特に剣と歩法は好きです


   「今日の嬉しかったこと」
 ・またひとつ気づきを得た
 ・おまけをもらった
 ・お題を頂いた
 ・マンスリーコンタクトをはめ変えた(スキッリ)
 ・今宵は風呂上りにストレッチ&センタリング呼吸法ナイトにしようと企んでいる
[PR]
by nakayamaryu | 2012-03-26 21:27

自由だ~

 0から1を生み出すことは非常に面白いし重要ですが、それ以前に、いっぱいいっぱいの10を0にすることも非常に難しいし面白い。自分の枠から出て発想したり行動したり、自分の枠の中できっちり行動したり色々と自由にできたら毎日楽しいだろうなぁ~と思いました。

 身体で言うと、無形の位(新影流)が大切で西江水(丹田)に落ちていて0化し、自由に身体の隅々まで10にもできる状態で、何事も決めつけず呼吸は静かで色につき色に随いながら出てきたものに対して心身ともに対応できる自分を創ると自由自在に楽しめる。

 ということかと勝手に考えてみました。昔の人も今の人も凄い人は凄い!没頭の仕方と腹の据わり方が凄い!と思いました(^^)


   「今日の嬉しかったこと」
 ・今日も発見があった(股関節について)(肩周りについて)
 ・明日が楽しみだ
 ・友人からお誘いの連絡があった
 ・今、やり残していたことに気づいたが気づかなかったことにする(^^)
[PR]
by nakayamaryu | 2012-03-23 21:03 | 日々の感じ

分け目

 ここ数日の治療中のポイントは、「分け目と丹田」「仙骨で動く」の2つです。体操やボール太極棒の要領でコネコネ動きながら分け目をみつけてお腹とつながったら、そこから剣の意識で嶺-谷が出てきて捻り込みをし真ん中をみつけて、切ったり刃筋を意識したりしながら調整をする。その際、きっちりと仙骨で動く。ということをして遊んでいます(^^)

 そうすることで、自分で力んで流れを止めているとスグに反応できるようになり、心のリズムにも余裕がでてくると感じております。


   「今日の嬉しかったこと」
 ・昨日、背中についての発見があった
 ・発想を行動に移し形になっていくのって面白い
 ・どんどんいこう!と思った
[PR]
by nakayamaryu | 2012-03-21 21:09 | 日々の感じ

いちいち弛める

 土曜日は稽古に、日曜日はセンタリング呼吸法勉強会に参加してきました。そこで感じた事を書いてみます。

 (感じたこと)
・薄筋からの骨盤の締まり
・付け続ける
・刃筋
・気持ちが「ハッ」とした時や頭に「?」が飛んだ時、何かしようと意気込んだ時など力が無意識に入るような局面 に出会えた時に、自分の中で「ここっ!」と意識し一旦、呼吸でリードし脱力し西江水(丹田)に落として腹-頚-視線を決めて、感じ観察するところに落ち着ける
・仙骨で動く
・手の内と五指
・浮くから動く

 ということなどを感じました。で、今日治療させて頂いていて「入れる-つける-抜く」ということと「剣のねじりこみ」が非常に役立ちました。おもしろかったです!


   「今日の嬉しかったこと」
 ・気づきがあった(剣のねじりこみ動作と治療)
 ・呼吸が落ち着いていた
 ・明日も楽しみだ
[PR]
by nakayamaryu | 2012-03-19 21:12 | 稽古と治療

確認作業

 「治療の書」 野口 晴哉著 より紹介させて頂きます。

 治療するの人 利害損得の為動く可からず。患者は治療家に腹一ッパイ食はせるように通ふに非ず。ただ治療するの人 自分をよくする為に一生懸命技を揮つてくれるが故に、遠路もいとはず通ひ来る也。その人が毀誉褒貶の為動き、患者を忘れてしまうやうでは任せきれぬは当然也。何となれば命にかけがえ無き為也。

 治療するの人 乗ってゐるバスが転覆したる時と雖も、自分を顧みる前に怪我した人なきかと無意識に思ふやうにならねば、治療といふこと為すこと得ざるものにして、治療してやつたとか、慈悲を施したとか考えるやうでは治療といふこと知らず。自分の問題をいつも捨てきって、他人の幸せのこと想ふやうになりて 治療といふこと為せる也。

 #管理人です
 この本を、たまに読み返して自分の心を見つめなおす必要性を感じております。シビレることが多々書いてあります。すごいっす!


   「今日の嬉しかったこと」
 ・刺激の仕方、動かし方、自分の症状に対する向き合い方について見直す点に気づいた
 ・それは、観察-リズムだった←落ち着いて観るということ(無形の位)
 ・それが無いから、症状と向き合ってしまうのだと思った←視点が低い
 ・おもしろい一日だった
 ・ユニホームについて考えてみようと思った
 ・行動のスピードと気持ちと全体のバランスについて考えてみた
[PR]
by nakayamaryu | 2012-03-15 20:14 | 本の紹介など

明るさ


       「明るさに勝る暗さなし 徳一杯の日々にただ感謝

 私の大好きな言葉の一つです(^^)何をするにも最初の心の角度が大切だと思っております。その最初の心の角度が感謝でありたいと思っています(^^)


   「今日の嬉しかったこと」
 ・褒めて頂いた
 ・やろうと思っていることが出来た
 ・今日は頭をスッキリ剃る日だ
 ・歩法と剣はやっぱり良い!
 ・昨夜、久しぶりに後輩と電話で話した
[PR]
by nakayamaryu | 2012-03-14 20:11 | 日々の感じ

ふ~ん

 「えっ!そんなことに気づかなかったとは!!」ということがありました。何か解決したいことや、目的を持つと気づきというものが出てくるものなのだなぁと思いました。

 内容は「筋肉の緩みをとる方向」に対しての気づきでした。今まで色々と研究してきて、ここに気づかなかったとは!ってくらいのことですが(笑)

 自分の中の持つべきものと捨てるべきものその選択方法の一つが、結果や現象から判断するという非常にシンプルなものがあるのだとも感じました。実に面白いっす(^^)


   「今日の嬉しかったこと」
 ・気づきがあり結果が伴なった
 ・アイデアや発想が出た後の行動が大切だと改めて感じている
 ・1歩を踏み出すことに対して勇気をもつことは、簡単そうで大変なことかもしれない
 ・波やリズムがあるのだということを認める
 ・今のところ花粉君は大丈夫だ
[PR]
by nakayamaryu | 2012-03-13 22:27 | 日々の感じ

つながり

 先週の土曜日はいつものように稽古に行ってきました。そこで感じた事を書いてみます。

 (感じたこと)
・手首の利き-浮き-分け目-手首の上の処で攻める意識
・自然な動きの流れを止めない(肘肩さんの位置と抜け)
・足の踏み方(人中路)と歩法
・面と線と点と空間意識
・股関節と分け目と立替で合わせる

 ということを感じました。何か疑問や問題が生じた際、前提条件(以前の部分)を整理し確認することを第一歩としておくとヒントが見つかりやすいと共に、そこまで築いてきたものを捨てることで成長できることもあると感じております。小難しいことは抜きにしても、なんしか興味があることは楽しいっす(^^)


   「今日の嬉しかったこと」
 ・気づきを頂いた
 ・急に寒くなって雪まで降っていたが快調だった
 ・整理をキッチリ今日中にしたいという願望が生じている
 ・スットレッチって大切だと思った
 ・もっと勉強しようと思った(^^)
[PR]
by nakayamaryu | 2012-03-12 21:37 | 稽古と治療